第1条 (本利用規約について)

1.マッチングサービス利用規約(以下「本利用規約」といいます)は、丸山孝樹(以下「運営者」といいます)が提供する不動産鑑定士のマッチングサイト「OPINION」(以下「本サービス」といいます)の利用条件及び運営者と本サービスの利用者の権利義務関係を定めることを目的とし、利用者と運営者との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。本サービスをご利用いただく場合には、本利用規約に同意したものとみなされます。
2.運営者は、個別のサービスにおいて、個別の規約やガイドライン(以下総称して「個別規約等」といいます)を定めることがあります。個別規約等も名称の如何にかかわらず本利用規約の一部を構成するものとします(以下、本利用規約と個別規約等を総称する場合は「本利用規約等」といいます)。
3.本利用規約の定めと個別規約等の定めが異なる場合には、当該個別規約等の定めが優先して適用されるものとします。
4.本利用規約に示される権利を行使または実施しない場合でも、運営者が当該権利を放棄するものではありません。

第2条 (定義)

本利用規約において使用する用語の定義は、次の各号に定める通りとします。
(1)「利用者」とは、運営者が本サービスの利用を許諾し、利用開始手続きを行うことにより本サービスを利用する個人をいいます。
(2)「登録情報」とは、利用者が本サービス上に登録したすべての情報をいいます。
(3)「取得情報」とは、登録情報のほか、利用者のIPアドレス、利用状況、履歴、位置情報、利用端末、本サービスの特定の機能を使用することによって送信する情報等、運営者が取得する利用者に関する全ての情報をいいます。
(4)「個人情報」とは、特定の利用者を識別することができる情報(他の情報と容易に称号することができ、それにより特定の利用者を識別することができることとなるものを含みます)をいいます。
(5)「登録案件」とは、利用者が本サービスに登録した案件をいいます。

第3条 (契約の成立)

利用者が「本サービス」の利用を承諾し、運営者に金銭を支払った時点で本利用規約の諸規定に従って、「本サービス」の利用及びサービスの提供を受ける契約が利用者と運営者との間に成立するものとします。なお、金銭の支払い後にキャンセルとなった場合、利用者に対して運営費用(一律1万円)と振込手数料を控除し、利用者の指定する銀行口座に支払うものとする。

第4条 (パスワードの管理等)

1. 利用者は、利用開始に伴いパスワードを登録するものとし、利用者は、自己の責任の下で適切にパスワードの管理及び保管を行うものとします。
2. パスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は登録者が負うものとし、運営者は一切の責任を負いません。
3. 運営者は、ログイン時に入力されたメールアドレス及びパスワードが、登録されたメールアドレス及びパスワード情報と一致することを所定の方法により確認した場合には、当該ログインを真正な利用者のログインとみなし、利用者による利用とみなします。

第5条 (登録情報等の取り扱い)

1.運営者は、運営者が取得した個人情報に関し、別途定める「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。
2.利用者は、運営者に対し、利用者情報を以下の利用目的の範囲内で利用することを許諾します。
(1) 本サービス遂行のため
(2) 本サービスの改善・新たなサービスまたは機能の検討を行うため
(3) 利用者に対し、利用者に関連性の高い情報の表示を行う等利便性向上を目的とした分析を行うため
(4) 利用者からの問い合わせに対応するため
(5) 登録情報の真偽を確認するため
(6) 利用者の利用状況の確認をするため
3.運営者は、前項に定める利用目的の実施に必要な範囲で利用者に関する情報を第三者に提供することができるものとします。

第6条 (登録情報の変更)

1.利用者は、登録情報に変更が生じた場合には、速やかに運営者に連絡を行うものとします。
2.利用者は、登録情報に変更が生じた場合には、速やかに登録情報の変更を行うものとします。
3.利用者からの登録情報の変更の届け出がないために、運営者からの通知その他運営者からの連絡が遅延し、または不着、不履行であった場合、運営者はその責任を負わないものとします。

第7条 (地位の譲渡禁止等)

1.利用者は、本サービスを利用する権利を第三者に譲渡、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為ができないものとします。
2.運営者は、本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本利用規約に基づく権利及び義務並びに利用者に関する情報、案件情報など運営者が保有する一切の情報、データを当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者はかかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第8条 (本サービス提供の停止等)

1.運営者は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、利用者に事前に通知することなく一時的に本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
(1) 本サービスを提供するための通信設備等の定期的な保守点検を行う場合または点検を緊急に行う場合
(2) 火災・停電等により本サービスの提供ができなくなった場合
(3) 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合
(4) 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合
(5) その他、運用上または技術上、運営者が本サービスの提供の一時的な停止または中断を必要と判断した場合
2.運営者が必要と判断した場合には、事前に通知することなくいつでも本サービスの内容を変更し、または本サービスの提供を停止もしくは中止することができるものとします。
3.運営者は、第1項各号のいずれかまたはその他の事由により本サービスの全部または一部の提供に遅延、停止もしくは中断が発生しても、これに起因する利用者または第三者が被った損害に関し、本契約で特に定める場合を除き、一切の責任を負いません。
4.運営者が本サービスの内容を変更し、または本サービスの提供を停止もしくは中止した場合であっても、本契約で特に定める場合を除き、利用者に対して一切責任を負いません。

第9条 (利用環境の整備)

1.利用者は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェアその他これらに付随して必要となる全ての機器を、自己の費用と責任において準備し、利用可能な状態に置くものとします。また、本サービスのご利用にあたっては、自己の費用と責任において、利用者が任意に選択し、電気通信サービスまたは電気通信回線を経由してインターネットに接続するものとします。
2.利用者は、関係官庁等が提供する情報を参考にして、自己の利用環境に応じ、コンピュータ・ウィルスの感染、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等セキュリティを保持するものとします。
3.運営者は、利用者の利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。

第10条 (自己責任の原則)

1.利用者は、利用者自身の自己責任において本サービスを利用するものとします。利用者は本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果についてその責任を負うものとします。
2.利用者は、本サービスの利用に際し、他の利用者その他の第三者および運営者に損害または不利益を与えた場合、自己の責任と費用においてこれを解決するものとします。
3.登録情報が不正確または虚偽であったために登録者が被った一切の不利益及び損害に関し、運営者は一切の責任を負わないものとします。

第11条 (権利帰属)

利用者が送信(発信)した情報を除き、本サービスに含まれる一切のコンテンツ及び情報に関する財産権はすべて運営者または運営者にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、運営者ウェブサイトまたは本サービスに関する運営者又は運営者にライセンスを許諾している者の財産権の使用許諾を意味するものではありません。

第12条 (本サービスの内容の変更及び終了)

1.運営者は、運営者の都合により、本サービスの内容を変更し、または提供を終了することができます。運営者が本サービスの提供を終了する場合、運営者は利用者に事前に通知するものとします。
2.運営者は、前項に基づき運営者が行った措置に基づき利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第13条 (禁止事項)

利用者は、本サービスの利用に際して、以下の行為を行ってはならないものとします。
(1) 運営者または第三者に対し、虚偽の情報を登録または提供する行為
(2) 運営者または第三者に対し、必要な情報を登録または提供しない行為
(3) 運営者または第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
(4) 運営者または第三者を不当に差別もしくは誹謗中傷し、またはその名誉、信用等を毀損する行為
(5) 本サイトの目的に沿わない、営利を目的とする行為、広告・宣伝をする行為、政治活動(選挙運動も含みます)、宗教活動(勧誘も含みます)、性風俗の行為またはネズミ講・マルチ商法の会員募集等の行為
(6) 本サイトを、本サイトの目的の範囲外で利用する行為
(7) アクセス可能な本サービス上の情報を改ざん・消去する行為
(8) 運営者または第三者になりすます行為(詐称するためにメールヘッダー等の部分に細工を行う行為を含みます)
(9) 有害なコンピュータープログラム等を送信する行為、または運営者ないし第三者が受信可能な状態におく行為
(10) 通常に本サービスを利用する行為を超えてサーバに負荷をかける行為もしくはそれを助長するような行為、その他本サービスの運営・提供もしくは他の利用者による本サービスの利用を妨害し、またはそれらに支障をきたす行為
(11) サーバ等のアクセス制御機能を解除または回避するための情報、機器、ソフトウェア等を流通させる行為
(12) 本サービスによって提供される機能を複製、修正、転載、改変、変更、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル、翻訳あるいは解析する行為
(13) 本人の同意を得ることなく、または詐欺的な手段(いわゆるフィッシングおよびこれ類する手段を含みます)
により他の利用者の登録情報を取得する行為
(14) 本サービスの運営を妨害する行為、第三者が主導する情報の交換または共有を妨害する行為、信用の毀損または財産権の侵害等の運営者または第三者に不利益を与える行為
(15) 長時間の架電、同様の問い合わせの繰り返しを過度に行い、または義務や理由のないことを強要し、運営者の業務に著しく支障を来たす行為 (16) 犯罪行為または犯罪行為に結びつく行為
(17) 反社会的勢力に直接的または間接的に利益を提供する行為、その他反社会的勢力と関係する行為
(18) 上記各号の他、法令もしくは公序良俗に違反する行為、または本利用規約に違反する行為
(19) その他運営者が不適当と判断した行為

第14条 (アカウントの削除等)

1.運営者は、利用者が以下の各号のいずれかに該当する場合は、運営者の判断により、当該利用者に何ら通知することなくして、本サービスの一時停止、アカウント削除及び本サービスへのアクセス拒否をすることができるものとします。
(1) 本利用規約のいずれかの条項に違反した場合
(2) 運営者からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して、14日間以上応答がない場合
(3) その他、運営者が本サービスの利用、利用者としての利用継続を適当でないと判断した場合
2.運営者が前項の処分をしたときは、利用者のメールアドレスにその旨通知することとします。
3.前項に定める運営者からの通知が、当該利用者の事情によって到達しなかった場合、運営者からのメールは到達したものとみなします。

第15条 (利用制限)

1.運営者は、利用者が以下のいずれかに該当する場合には、当該利用者の承諾を得ることなく、当該利用者の本サービスの利用を制限することがあります。
(1) ワーム型ウィルスの感染、大量送信メールの経路等により、当該登録者が関与することにより第三者に被害が及ぶおそれがあると判断した場合
(2) 電話、電子メール等による連絡がとれない場合
(3) 利用者宛てに発送した郵便物が運営者に返送された場合
(4) 上記各号のほか、運営者が緊急性が高いと認めた場合
2.運営者が前項に基づき利用者の本サービスの利用を制限したことにより、当該利用者が本サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、運営者は一切責任を負いません。

第16条 (免責)

1.運営者は、本サービスの利用により発生した利用者の損害については、別途定めのある場合を除き,一切の賠償責任を負いません。
2.利用者が、本サービスを利用することにより、第三者に対し損害を与えた場合、利用者は自己の責任と費用においてこれを賠償するものとします。
3.運営者は本サービスに発生した不具合、エラー、障害等により本サービスが利用できないことによって引き起こされた損害について一切の賠償責任を負いません 。
4.運営者は、コンテンツのバックアップを行う義務を負いません。利用者は、自己の責任と費用において、コンテンツのバックアップを行うものとします。
5.本サービスならびに本サイト上のコンテンツおよび情報は、運営者がその時点で提供可能なものとします。
6.運営者は,利用者が登録・送信(発信)する文章その他のコンテンツ及び本サイトを通じて得る情報について、本サービスが利用者の特定の目的に適合すること、期待する価値・正確性・有用性・利用可能性・完全性を有すること、利用者による本サービスの利用が利用者に適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること及び不具合が生じないこと等ついて何ら保証するものではありません。
7.本サービスの利用は、サービスが一定の水準で履行されることを保証するものではありません。
8.運営者は、運営者による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能または変更、利用者が本サービスに送信したメッセージ又は情報の削除又は喪失、利用者のアカウント登録抹消、本サービスの利用による登録データの消失又は機器の故障もしくは損傷、その他本サービスに関して利用者が被った損害(以下「利用者損害」といいます)につき、賠償する責任を一切負わないものとします。
9.運営者は、利用者に対して、適宜情報提供やアドバイスを行うことがありますが、その結果について責任を負わないものとします。
10.本サービスが何らかの外的要因により、データ破損等をした場合、運営者はその責任を負いません。
11.本サービス又は運営者ウェブサイトに関連して利用者と他の利用者又は第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、運営者は一切責任を負いません。
12.利用者との間の本利用規約に基づく契約が消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第3項の消費者契約(消費者と事業者との間で締結される契約のこと)に該当する場合には、本利用規約のうち、運営者の責任を完全に免責する規定は適用されないものとします。本利用規約に基づく契約が消費者契約に該当し、かつ、運営者が債務不履行または不法行為に基づき損害賠償責任を負う場合については、運営者に故意または重過失がある場合を除いて、運営者は、当該利用者が直接かつ現実に被った損害を上限として損害賠償責任を負うものとし、特別な事情から生じた損害等(損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます)については責任を負わないものとします。

第17条 (利用規約の変更)

1.運営者は、相当の事由があると判断した場合には、利用者の事前の承諾を得ることなく、運営者の判断により、本利用規約を変更することができるものとします。
2.変更後の本利用規約は、運営者が別途定める場合を除いて、本サービス上に表示した時点より効力を生じるものとします。また、本利用規約の変更の効力が生じた後、利用者が本サービスをご利用される場合には、変更後の本利用規約に同意したものとみなされます。
3.本利用規約の新たな制定・変更等がなされた場合、当該規約の制定・変更等より前に利用者によって行われた行為についても、当該制定・変更等がなされた後の本利用規約が適用されます。
4.本規約と追加規定との間に矛盾が存在する場合には、追加規定が本規約に優先します。

第18条 (分離可能性)

本利用規約の一部の規定の全部又は一部が法令に基づいて無効と判断された場合であっても、当該規定の無効部分以外の部分および本利用規約のその他の規定は有効とします。本利用規約の一部が特定の利用者との間で無効とされ、または取り消された場合でも、本利用規約はその他の利用者との関係では有効とします。

第19条 (連絡・通知)

1.運営者は、本サイトに表示することにより、利用者に対し、必要な事項を通知します。利用者が予め登録した電子メールアドレス宛に電子メールを送信することにより、利用者に対し、必要な事項を通知する場合もあります。
2.第1項の通知は、本サイトに表示した場合は表示した時点(電子メールの送信により通知した場合は電子メールを発信した時点)よりその効力を発するものとみなします。なお、利用者は、本サイトの表示または電子メールの送信による運営者からの通知について、適宜閲覧するものとします。

第20条 (準拠法)

本利用規約は、日本国法に準拠し、解釈されるものとします。

第21条 (裁判管轄)

本サイトまたは本規約に関して、運営者とユーザーとの間で疑義または紛争が生じた場合、両者誠意をもって協議することとします。利用者と運営者との間の訴訟の必要が生じた場合には、その訴額に応じて東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

初版 2018年9月5日 制定・施行